山に登る時に迷うことの一つに、眼鏡で登るか、コンタクトで登るかの選択があります。

近視の方にとってはどちらも面倒以外の何物でもないことですが、より快適な登山を心掛ける際には避けて通れない問題でもあります。

結局は人それぞれの好みに影響されることではありますが、山登りの日までにはどちらを使うか決めておいた方が良いでしょう。色々と準備することもあるかも知れませんので、早めに決めておくのが吉です。

以下、眼鏡とコンタクトのそれぞれの良さと欠点をまとめてみましたので、登山予定のある近視の方は是非とも参考にしてくださいませ。

眼鏡のメリットとデメリット

【メリット】

  • 手入れが楽。
  • コンタクトよりもお手軽。
  • 目の乾燥、目にゴミが入るといった煩わしい問題がない。
  • 枝などから目を守ってくれる。

【デメリット】

  • 視界が狭い。
  • 山の綺麗な景色を、レンズ越しで見ることになる。
  • 大量に汗をかくため、眼鏡だとかなりずれやすくなる。
  • 汗で曇ることもある。
  • 山は急な坂や凸凹道も多く、そして眼鏡は遠近感がとりづらいため、転倒しやすいと言えます。そのため、転倒時に眼鏡に傷が付いたり、壊れてしまうことも考えられる。また、眼鏡が破損した時の目へのダメージが怖い。

コンタクトのメリットとデメリット

【メリット】

  • 視界が広いため、基本的に山を登りやすい。
  • 山の綺麗な景色がハッキリ見えやすい。
  • 汗をかいた時、顔を拭きやすい。
  • サングラスを装着できる。山の紫外線量は平地よりも多いので、紫外線対策を考える女性はコンタクト+サングラスがお勧め。

【デメリット】

  • 水場が少ないため、メンテナンスが難しい。
  • 山では手が不衛生になりがちなので、コンタクトは向いてないという意見も。
  • 落とした場合の回収が困難。予備を持っておく必要がある。
  • 自然の中を歩くため、目にゴミが入る可能性が日常よりも高め。ただ、すぐに目薬を大量にさせば解決する場合もあるため、目薬は必須の持ち物となります。

結局のところ、好きな方を持っていけばOK

以上、眼鏡とコンタクトについて色々と書きましたが、結局のところは自分の好きな方を持っていくということで良いのではないかと管理人は思っています。

眼鏡が好きなら眼鏡で山を登れば良いと思います。眼鏡で行く場合、基本的に困ることは少ないため、どちらかというと眼鏡の方が登山に向いていると言えるかも知れません。

コンタクトが好きならコンタクトで山を登れば良いと思います。コンタクトは視界も広くなって景色も綺麗に見えるので登山の醍醐味を100%味わえるようになりますが、ゴミが入りやすいので目薬は必須となります。そしてメンテナンスも不十分になりかねないことが考えられるので、出来れば1DAYの使い捨てをいくつか持っていくと良いでしょう。

また、初めはコンタクトで登りはじめ、ゴミが入ってきたら眼鏡に代えるという方法もアリです。運が良ければそのままコンタクトのまま過ごせますし、運悪くゴミが入って目薬をさしてもでも取れない場合は、1DAYコンタクトから眼鏡に切り替えれば済むことなので、余計なメンテナンスの心配もなく登山できます。

コンタクトをしている場合、ゴミ対策にサングラスをかけるのも良いですね。

※ 最悪のケースを想定し、使い捨てのコンタクトや予備のメガネは必ず用意しておくべきです。両方ともなくて視界が悪くなった結果、転倒や遭難の危険性が高くなってしまいます。山で視界が悪くなるのは非常に危険なことなので、予備は必ず持っていきましょう。

富士山を登る場合

日本の山で、一度は登っておきたい山と言えば「富士山」と答える方は少なくないでしょう。

世界遺産に認定され、今までよりもさらに登山者が増加することが予想されますが、人が多くなると同時に砂埃も多くなるため、コンタクトだと目にゴミが入る確率が高いかも知れません。

コンタクトで富士登山に挑戦する場合、そこだけ注意したいところですね。サングラスを持っていくと紫外線対策+埃対策が出来るので良いと思います。

富士山はコンタクトで登る方も大勢います。視界が広いのでむしろコンタクトの方が良いという方もいます。水を持っていけば洗うことも出来るので、けっこうそのまま下山までいけたりします。

ただ、コンタクトは紛失の危険性が高いし、目が痛くなって付けられなくなるということも起こり得るので、予備のレンズ、または眼鏡を用意しておくのがベストです。

眼鏡で富士登山する場合は、普通の登山と同じように汗によるズレと曇りを注意すれば、他に問題となるところはないでしょう。ただ、遠近感がとりづらくなるため、下りの時は転ばないように十分注意してください。

お得なコンタクト通販情報

1DAYのコンタクトレンズは、通販ならかなり安く買うことが出来ます。普段使っている種類のレンズが格安で仕入れられる可能性もあるため、登山前までに下記の通販サイトなどをチェックしてみてください。

ちなみにこちらのショップでは処方箋はいりません。
アットレンズ