ここでは、

  • 登山の時に必須なモノ
  • 出来ればあった方が良いモノ

などを紹介しています。初心者の方や中級者の方で「登山に何を持っていけばいいのか、実は詳しく知らない・・」という方は、是非とも参考にしてくださいませ。

また、各グッズ・装備品については、お勧めの通販を可能な範囲でご紹介しています。楽天やAmazonなどで非常に安くてお得なショップも合わせて紹介していますので、「登山道具を揃えたい」と考えている方は、チェックしてみてください。最低限揃えておきたい登山グッズが、かなり安く手に入ると思います。

ただ、高尾山などの「道が整備されている難易度の低い山」の場合は、無理して全部揃える必要は全くありません。基本的に当サイトで紹介している山は難易度が高くないため、無くても問題ないか、または代用品で登れてしまう山が多いです。実際、私などは最初、高尾山をジーンズとスニーカーで登りましたからね。いや、それはもちろん悪い例ですが・・。

なので、山への興味の度合い、ハマり具合、そして装備品への欲求の度合いなどを見つつ、徐々にチャンとしたものを揃えていけば良いんじゃないかなと思います。お財布と相談して、どうしても欲しいモノから購入していくのも悪くないと思います。

また、持ち物名がリンクになっているものについては、別の個所に商品詳細を書いています。リンクをクリックすれば、すぐに詳細箇所に飛ぶことができますので、ご活用ください。

※ 当サイトはiPhoneなどのスマートフォンにも対応していますので、是非ともアウトドアショップに行った際にこのページを見ていただき、価格などを見比べてみてください。その方がより安い方を購入できますので。

持ち物チェック

ザック

ザック(バックのこと)は、基本的には背中にフィットして、背負っていても快適なものを選びましょう。なので、通販でいきなり選ぶよりも、まずはショップでどんなものが自分に合うのかをチェックし、その後で通販で価格比較した方がお得だし間違いありません。

ちなみにお勧めは「オスプレー」というブランドのザック。

トレッキングシューズ

山に行きだし、徐々に好きになるにつれ、本格的な登山靴(トレッキングシューズ)が欲しくなるかも知れません。

数あるトレッキングシューズの中で、人気があってお勧めものの一つとして「キャラバンシューズ」が挙げられます。価格はそれなりですが、取りあえず「間違いない」と言える登山靴だと思われます。

水筒

「キンキンに冷えた水を山頂で飲みたい!」
「熱いお湯があれば、登山中いつでも温かいコーヒー・お茶が飲めるのになぁ・・」

そんな要望を持っている方にお勧めなのが、保温性がスバ抜けて高い「THERMOS(サーモス)の山専ボトル(800ml)」。ペットボトルよりは重くなってしまいますが、その分幅広く有効活用が出来る代物です。是非とも持っておきたい一品と言えます。

ただし、高尾山などの簡単&有名な山に登る場合は、山頂や売店でペットボトルが手に入るケースが多いため、水筒の必要性は少ないと思います。それに、冬の寒い時期には保温性の高い水筒は重宝しますが、夏山登山の場合は家でペットボトルごと凍らせて持っていけば良い感じで飲むことができるため、ペットボトルで十分となるでしょう。

必要性を感じる人には素晴らしく使えるアイテムですが、そうでない人にはいらない品となるのでしょうね・・。

エマージェンシーシート

またの名をレスキューシート。その名の通り、万が一の時に私たちの身を守ってくれるシートです。体に巻いておけば体温の低下を防ぐことができ、体力の消耗を軽減してくれます。登山時だけでなく、様々な災害・緊急時に役立つシートです。

おすすめは「mont-bell(モンベル)」のエマージェンシーシート。

送料込みで450円で購入できるのが魅力。緊急時に備え、1人に1つは持っておきたいところです。