多くの山にはたくさんの木々が生い茂っています。まさに「森林」がそこにはあります。

そして、森林の中を歩き、木々や鳥、そよ風などの自然の声に耳を傾け、その香りをかぐことを楽しむだけで、かなりのストレス発散効果があると言われています。

これは大学や研究所などによる多くの実験により、実際に変化が計測できていることです。また、医学的にも専門家からリラックス効果が認められた地域については、「森林セラピー」もプログラムとして用意されているほど、私たちの体にとって良いモノであることが分かっているのです。(詳しくは⇒全国48の森 | 森林セラピー®総合サイト

私も、山に行くとリラックス効果はいつも体感しています。科学的には「フィトンチッド」や「マイナスイオン」などが森に充満しているため・・という根拠もあるのですが、専門的な知識は知らなくても問題ありません。ただ山に登り、自然の空気・声に身をゆだねるだけで、言葉に出来ないようなリラックス体験が出来ます。

個人的には、日々のストレスは一回の山登りで解消できると感じています。仕事やプライベートで嫌なことがあった時に山に行くと、下山時にはとてもスッキリした状態になっています。抱えていた問題も「何とかなる」と思えることもしばしばあります。山効果、ここでも私の助けになっているのです。

が、逆に山を下りる時の寂しさは毎回嫌なモノがありますけどね・・。

森林浴がガンの予防に!?

ちなみに、森林浴を行うことで、抗がん作用がある「NK細胞」の活性度が高くなるという実験結果も出ています。NK細胞は免疫細胞ですので、山に登るだけで体の免疫が高くなるようなのです。

これは見逃せない情報だと思います。健康維持のため、そしてガン予防への期待も込めて、森林浴はやっておいた方が良いようです。

ただ山に行き、楽しむだけでいいのです。これでストレス発散だけでなく、ガンの予防、免疫力の向上が期待できるのは素晴らしい事ですね♪

もしも友人を山登りに誘おうとしているとしているのであれば、この情報は強力な動機付けになるかもしれませんね。