先日、知り合いの方と二人で高尾山に登ってきました。

12月の頭ということでだいぶ寒かったですが、それでも登り始めると熱くなって汗をかいてきますね。休憩すると汗が冷えてかなり寒くなってしまうのが難点ですが、この時期の山はまだ「紅葉」が残っているので、目に映る景色の素晴らしさと引換なら寒さも悪くありません。

さて、高尾山に登った12月2日は、朝こそ晴れていましたが、途中からどんよりとした雲が出てきてしまい、爽快な空を眺められたのは少しの時間でした。ここが残念だったところですね。また、天気予報では雪の可能性もありましたので、出来るだけ早めの下山を心掛け、登山を開始しました。

結果としては雨も雪も降らず、問題なく楽しく登山を楽しめました♪ありがたいことです。

では、今回の登山の様子を写真付きで振り返ってみようと思います。これから高尾山に行こうとしている方の参考になれば嬉しい限りです。

新宿からは電車で55分

管理人の家は葛飾区にあり、京成線とJRを使って新宿まで行き、そこから京王線で高尾山口駅まで行きます。

トータルでかかった時間は1時間45分ということで少々長い道のりとなりましたが、新宿から高尾山口までは55分で着いたのです。

新宿から1時間かければ山登りが出来る。それって結構凄いですよね。この近さが高尾山の第一の魅力です♪

紅葉を見に来る人がたくさん!

この時期は紅葉が綺麗なので、それを目当てに多くの人が様々な紅葉スポットへいきます。高尾山も例外ではなく、とても山とは思えないほどの人数が登るようになります。

その多さは冗談抜きで新宿・渋谷レベル。高尾山口から頂上までは展望台~薬王院のルートを通ったのですが、このルートは大人気なので、初もうで並みの人が賑わっています。

駅からしてこんなに人がいるし

20121203高尾山008

歩き始めた時も人がたくさん

20121203高尾山009

おいおい。冗談抜きで初もうで並みだな。日曜日なのに、こんなに紅葉を見に来る人が多いとは・・。明日は筋肉痛に悩まされながらの仕事の方も多いんだろうな。

で、肝心の紅葉。

人が多い所には綺麗な紅葉があるものだ。

そんな言い伝えがあったかどうかは分からないですが、なかなか見事な紅葉がまだまだ残っていましたよ!すでに散り始めていましたが、私たちが来た時は色鮮やかな紅葉が待っていてくれました。

20121203高尾山011

20121203高尾山012

20121203高尾山017

20121203高尾山045

写真ではこの景色の素晴らしさは全部伝わりきれませんが、それでも伝えずにはいられません。

ただ、散っている葉っぱも相当ありましたね。

20121203高尾山123

川が葉っぱで埋まっていました。もう少ししたら葉も落ちて、本格的な冬が来るんだなという気にさせられます。冬の山も独特の雰囲気があって良いのですが、この秋の山の何とも言えない寂しさは、この後にくる冬が関係しているんだろうな・・という気になってしまいますね。

まあ、また人が少なくなった時にでも、じっくり高尾山を味わいに来ようと思います。

個人的な意見としてですが、山は人が少なくて静かな方がいいな~なんて思ったりします。だって、せっかく人が多い東京を離れたのに、何故山に来てまで人ごみを味わわなければいけないのか・・。高尾山、人気ありすぎ(泣)

1号路~展望台~薬王院~山頂

さて、ここからは今回の高尾山の登りルートで撮影した写真を元に、山頂までの登山を振り返ってみたいと思います。

まず、ケーブルカー

20121203高尾山016

は使いません。

私、高尾山でケーブルカーはまず使いません。

多くの人が登る「1号路」を使い、いよいよ私たちも登山開始です。この時、10時を少し過ぎたあたり。

20121203高尾山019

ちょっと人が少なくなった。良かった~。

傾斜がきつい所は少しだけ。

20121203高尾山023

ここを超えると、眺めの良い金比羅台に着きます。

20121203高尾山027

着いた!紅葉も綺麗♪

さて、眺めはどうかなっと・・

20121203高尾山029

うーん、最高です!

休憩を取り、再び登山開始。

少し登ると、ケーブルカー駅付近の自販機で暖かいコーヒーが売っていました。

20121203高尾山037 20121203高尾山038

飲みました(笑)

この辺りから、少し雲行きが怪しくなってきます。

20121203高尾山040

うーん、降らないことを願う。

途中のサル園もありましたが、華麗にスルー。

蛸杉の偉大な出で立ちを写真に収め

20121203高尾山053

浄心門をくぐり

20121203高尾山058

お連れ様の希望を尊重し、女坂を選びます。

20121203高尾山062

初めて女坂ルートを登りましたが、なかなか景色良いですね♪気に入りました。

そうこうしているうちに、薬王院に到着。

似た様な寺がいくつもあり、どれがどれなのかよく分からないうちに通り過ぎてしまいました、

20121203高尾山079 20121203高尾山080

でも、雰囲気は荘厳さがあって、好きな感じです。

頂上に到着!とろろ蕎麦を食す

薬王院を過ぎると、いよいよ頂上です。

20121203高尾山091

だいぶ曇っていて、かなり寒くなっていましたが、とにかく頂上に到着しました~。

証拠写真を取らないと

20121203高尾山093

頂上についてお腹が空いたと思ったら、ちょうど12時くらいになっていました。だいぶゆっくり目で登ってきましたが、出発から2時間弱で頂上に到着したことになります。一人なら、1時間~1時間30分くらいで登れてしまうと思います。

で、昼飯は頂上の蕎麦屋に行きました。今回入ったのはコチラ。

20121203高尾山095

大見晴亭。

メニューはこんな感じ。

20121203高尾山097

私と連れは二人そろって「とろろ蕎麦」を注文。・・が、待てども待てども蕎麦が全然来ない・・。後から入ってきたお客の方に、先に蕎麦を出している状況。そう、私たちの注文は忘れ去られていたのです。なんという事態だ・・。

店員さんに「まだですかね」と催促を入れ、ようやくお蕎麦が登場!

20121203高尾山099

いやー、待ってましたよ!とろろ蕎麦。

これで900円なので少々割高ですが、山頂では何でも売れそうなのでこれでも安い方なのかも知れません。味は普通くらいですが、お腹が空いているのと、久々の山登りの最中ということで、普段よりも3割増しで美味しく感じられます。

結局このお店に1時間くらい入っている羽目になりましたが、良い休憩を取ったということで無理やり自分で自分を納得させ、すぐに下山することにしました。

そうなのです、もうすでに天気が悪くなっているのです。今にも雨が降りそうな感じに。

20121203高尾山101

雲と山が近いですねぇ。これはいつ降ってもおかしくないぞ・・。

稲荷山コースで下山

下山は「稲荷山コース」を行くことにしました。比較的人が少なめで、自然が堪能できるコースです。

20121203高尾山107

20121203高尾山109

ふむふむ、悪くない。良い眺めです。癒されます・・。

そうそう、一緒に行った連れの方は、何とバックパックではなく、手提げ(トートバック)で来たのです。

20121203高尾山112

これはさすがに失敗だったようです。背中で背負うバックの重要性、図らずも身を持って実感した結果となったようですね。

途中、少し休憩できるところもあり、そこからの景色がなかなか良かったです。

20121203高尾山116

この写真では分かりにくいですが、実はスカイツリーも見えたのです♪まあ、家がある葛飾区から見る方が遥かに大きく見えるのですが、山から見るスカイツリーはまた一味違って見えますね。

下山は1時間と少しという、登りと比べるとかなり早いペースで下りきりました。

で、今回の山登りの締めくくりということで、クリームあんみつをいただくことに。

20121203高尾山126

うーん、疲れた体に染みわたります♪美味しかった!

登山終了!

ということで、今回の高尾山体験談はこれで終了です。ここまで見ていただいた方、ありがとうございました!

次回は御岳山の体験談でも書こうかなと思います。良い写真、仕入れてきますよ~!

ではまた。

++++++++++

本日一緒に行ったのは「ヨッシーさん」という方。
ブログも運営されており、今回の高尾山登山も記事にしています。
半日で十分楽しめる、高尾山に登山してきた。紅葉編 | IAO – In advance only –

ヨッシーさん、また登りましょう♪